TopPage > 書籍 > 世界を魅了するチベット―「少年キム」からリチャード・ギアまで

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

商品カテゴリー

商品コード: ISBN: 978-4862510778

世界を魅了するチベット―「少年キム」からリチャード・ギアまで

通常価格(税込): 2,160
販売価格(税込): 2,160
ポイント: 0 Pt
メーカーURL: http://www.sanwa-co.com/
関連カテゴリ:

書籍

白人少年とラマ僧の幸せな出会い―ラドヤード・キプリングのノーベル文学賞受賞作『少年キム』は、少年キムの魂の成長の物語である。シャーロック・ホームズは『空家の冒険』で、シャーロキアンから「大空白期」と呼ばれるその間、チベットにいたことを語る。シャングリラ伝説の始まりである『失われた地平線』。ヒッピーのバイブル『チベットの死者の書』。
今は地図にない、古き良きチベット社会は小説の中でしか、見ることができないのであろうか。そんなことはない。現在も世界中で新たな「キム」たちがチベット僧に出会い、その教えから成長していく。
現代の釈尊伝、ジーナ・ラチェフスキー。ニューヨークのチベット僧、ロバート・サーマン。科学と仏教の架け橋となったフランス人、マチウ・リカール。虚飾の街の求道者、リチャード・ギア。  チベタン・フリーダム・コンサートでは、アダム・ヤウク(Beastie Boys)が、パティ・スミスが、U2が立ち上がる。ビョークが、スティングが、マドンナが、音楽の力で、自由と愛と平和を説く。ハリウッドでは、『リトルブッダ』『クンドゥン』『セブンイヤーズ・イン・チベット』と、チベットを称えた作品群が作られていく。
ダライラマの教えによって薫育された「キム」たちが、この文明が無知で自己中心的な幼児期を脱し、人を愛する心を育み、道徳性を身につける道に踏み出す手助けをしてくれるかもしれない。

著者: 石濱 裕美子
出版: 三和書籍
発売: 2010/04/10
仕様: 四六版並製 259ページ
ISBN: 978-4862510778


著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
石濱 裕美子
早稲田大学教育・総合科学学術院教授。早稲田大学文学研究科後期課程単位取得後退学。文学博士。チベット仏教世界(チベット・モンゴル・満州)の歴史と文化を研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
  • 数量:

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

その他のオススメ商品

広島国際平和会議2006公式議事録

販売価格(税込): 1,620 円